本文へスキップ

音遊びの会

お問い合わせは otoasobinokai@ gmail.com

 ←過去の公演一覧へ戻る

音の公園company

2006.10.29 東京オリンピックホール



           photo 松尾宇人 仲川あい  

出演者

有働綾子 有働えりか 江崎將史 大友良英 岡明宏 後藤佑太 鈴木勝 寺尾孝太 富阪友里 永井崇文 沼田里衣 濱翼 原山つぐみ 平木誉大 藤本優 みやけをしんいち 三好佑佳 森大生 森本アリ 山崎伸也 吉見理治

企画

沼田里衣 (「音遊びの会」代表、 即興音楽療法実践・研究家)
飯山ゆい 寺尾孝太 原真理子 本間知子 山崎伸也

主催

音遊びの会

共催

明治安田生命保険相互会社
エイブル・アート・ジャパン

協賛:TOA株式会社

スタッフ

飯山ゆい
(ケア、記録ほか)
相愛大学をピアノ専攻で卒業。現在は神戸大学修士課程にて、美術家ヨーゼフ・ボイスのパフォーマンスにおける音楽的側面について研究している。美術館、ギャラリー巡りが好き。
北川悠子
(HP管理)
幼少をドイツで過ごし、帰国後は大阪外語大でドイツ文学専攻。現在は神戸大で音楽療法を研究中。即興演奏は主に鍵盤楽器で静かながら芯のあるスタイルを持つ。
鈴木勝
(バンジョー、アコースティックギター他)
バンジョーという楽器を多様な音響を発する物体としてとらえ直すアプローチ で、またギターや小物類なども用いて即興演奏に取組む。ウッドベースとの デュオ、anjob-assb(アンジョブ・アスビー)などで活動。自宅録音活動では、'05 年劇場公開作品『アナライフ』で、映画サウンドトラックの 制作を経験。
寺尾孝太
(ピアノ、サックス)
高知大学教育学部芸術文化コースの音楽を卒業。在学中に即興演奏に興味をもち、現在は神戸大学大学院修士課程でイギリスの即興演奏家で教育者でもあるジョン・スティーヴンスの活動を中心に研究している。即興や音楽を通して様々な人と交流できることを楽しみにしている。
沼田里衣
(ピアノ、企画・代表)
神戸大学博士後期課程で、音楽療法の研究を行う。知的障害者を対象とした5年の臨床経験をもつ。国内外でフリー・インプロヴァイザーと呼ばれる音楽家と共演した経験ももつ。
原真理子
(ケア、広報ほか)
ニューヨーク州マンハッタンビル大学卒業後、教育産業での3年半の勤務を経て、現在は神戸大学修士課程にて高齢者を対象とした音楽療法について研究中。身近なものを使った手作り楽器についても研究中。
廣田智子
(トロンボーン)
中学より吹奏楽部にてトロンボーンを始め、神戸大学軽音楽部でJAZZに転向、様々なジャンルの音楽を転々とし、「LIVE!LAUGH!」を経て現在は「三田村管打団?」などで活動中。      
本間知子
(ケア担当)
京都女子大学教育学科卒業後、重複障害児教育教員養成課程で1年学び、大阪府障害 者福祉事業団の金剛コロニー(知的障害者入所総合援護施設)に就職。10年の生活 支援の仕事のあと、音楽支援員として今年13年目。知的障害がある方々に関わる仕 事は3月で丸23年になります。フルタイムで働く3児の母でもあります。大阪社会福祉士会児童家庭相談班所属。
みやけをしんいち
(soprano saxophone,とか)
ちょっと珍しい小さなサックスを手に入れたのをきっかけに、大原裕ブラスバン ド 「LIVE!LAUGH!」等で活動。タカオカダイスケ主宰オモチャ音楽バンド 「tintoymuzik」で不器用ながらもサックス以外の楽器もいじる事を覚える。現 在はインストなれど自分の考えるうたものバンド「melagukan(ムラグカン)」を中 心 に、即興演奏を主体としたセッションで活動中。それと「合奏の会」主宰。
山崎伸也
(ギター他)
2000年dj jimi(大野)らとバンド「ママ」を結成。ライヴイベント「音の涙」を主催し、アヴァンギャルドでありながら心に残る歌を歌う。現在、「全能感の清新 な喪失」をテーマに子どもと音楽、アートの現場で活躍。神戸大学大学院総合人間科学研究科1年生。

ワークショップ記録

4/16
5/21
6/18
8/6
9/10