本文へスキップ

音遊びの会

お問い合わせは otoasobinokai@ gmail.com

スケジュールcompany

テニスコーツ と 音遊びの会

日時  2019年7月21日・
神戸アートビレッジセンターKAVCホール


「ギターと歌による弾き語りユニット」という概念そのものをくつがえす『テニスコーツ』の大きな世界観。
神戸の至宝、予定調和を笑い飛ばす大家族即興集団『音遊びの会』。音楽的領域を超えた東西の特殊ユニット2組が、がっぷり四つに組むライブ。

KAVC Music Line “STATION” vol.7
テニスコーツ と 音遊びの会
2019 /7/ 21(日)open 14:00 / start 14:30 神戸アートビレッジセンターKAVCホール
予約¥2000 当日¥2500 学生、かぶっクラブ会員¥1500|介助者/小学生以下無料

テニスコーツと音遊びの会の付き合いは長い。約10年だろうか、『音の危機一髪!』(2010|東京|3331ArtChiyoda)『音のわからすまいまい|ミスターX vs 驚異の男』(2012|京都芸術センター)『ほんものの誕生』(2016|神戸|ジーベックホール)と多くの公演がテニスコーツと共に作られた。公演名を眺めるだけでも愉快。そして実際どれも創意工夫に溢れたとても面白い公演だった。これらの公演はいわゆる芸術作品的なもので、リハーサルを重ね、アイデアを出し合い、それが熟成される。今回の『テニスコーツと音遊びの会』はテニスコーツと音遊びの会、それ以上でも以下でもない。一緒にライブをする。ただそれだけ。ただそれだけが観たい。



テニスコーツ|tenniscoats
1996年頃結成。メンバーはさやと植野隆司、他のミュージシャン、アーティストなどとも共同制作、ライブ共演を行う。1999年に1stEP『テニスコーツのテーマ』を自主レーベルmajikickよりリリースして以降、『Music Exist Disc1~4』(2015,16)、BOX(2018)など発表。その間に、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパのミュージシャンと共作、単独アルバムを制作、現在までにリリースしたアルバムはおよそ26枚、他には、ドイツのマーカスアーチャーらと結成したバンドSpirit Festでの新作や、さやの別ユニット、植野ソロ名義の作品が存在する。主宰しているmajikickレーベルでは、今年50作品目をリリースする。最近の活動としては、2016年から楽団ざやえんどう始動。2016年札幌国際芸術祭参加。2018年、ミュンヘンのAlien Disco FestivalでThe Notwistと共にキュレーション担当。


音遊びの会|The Otoasobi Project
2005年結成、知的な障害のある人たちを含むアーティスト大集団。神戸をベースとしている、月二回の継続したワークショップで様々な表現を生み出している。関西を中心に東京、水戸、島根、山口、北海道、イギリスなど遠征公演も多数。2013年には英国ツアーの様子がNHKで特集される。予定調和を許さないその音楽性は、見る者を釘付けにする。 2019年2月にはNHK Eテレの番組「バリバラ〜障害者情報バラエティー〜」の公開放送にて大阪NHKホールに招かれ、1200人を沸かせた。KAVCとの共催による「〇〇と音遊びの会」シリーズは、2018年1月「あふりらんぽ」10月「大友良英」に引き続き3度目となる。

[お申し込み|神戸アートビレッジセンター]
神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
WEB : https://www.kavc.or.jp 
TEL : 078-512-5500 
MAIL : stage@kavc.or.jp
メールでの ご予約は、件名を「音遊びの会チケット予約」として、【お名前/フリガナ/電話番号/券種/枚数】をお知らせください。

神戸高速「新開地駅」南へ徒歩約5分|JR「神戸駅」より西へ徒歩約10分|神戸市営地下鉄「湊川公園駅」より南へ徒歩約15分
[お問い合わせ|音遊びの会] 
TEL: 080-5340-7060 
MAIL: otoasobinokai@gmail.com

主催:音遊びの会|共催:神戸アートビレッジセンター(指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)


音遊びの会公式Facebook→@OtoasobiUK
音遊びの会公式Twitter→@otoasobi_no_kai